アミスコーポレーション
植物性ミネラル
『全ての病態・全ての病弊・全ての病気を追及するとミネラル欠乏にたどりつく。』
ノーベル賞を2度受賞されたライナス・ポーリング博士の言葉です。

私たち生きとし生きるものに必要不可欠なもの。それは、植物性ミネラル。フルボ酸(有機フルボ酸ミネラル)といわています。

ミネラルが、不足すると健康維持が、難しくなります。

栄養過剰時代の栄養不足。現代の私たちは、五大栄養素の中のたんぱく質、炭水化物、脂質は、栄養過剰になり、ビタミン、ミネラルが、栄養失調になっています。
又 食べ物のミネラル含有量が減少して、今の日本には、いろんな問題がおきています。現代の日本の食生活で、最も不足している栄養素は、ミネラル、ビタミンと言われています。

現代人のミネラル不足は、世界中の問題ですが、特に日本のミネラル不足は深刻であると私たちは考えます。この原因は、窒素、リン酸、カリウムの化学肥料を使用している。堆肥を作って土に戻すことが、ほとんどなくなりました。
日本では、ほとんどと言って良い程、ミネラルの研究をしない為に、その必要性を農家も消費者もわからない場合が多いということが考えられます。

それに、私たちは間違った知識を与えられました。
それは、「有機栽培または無農薬で作ると、虫に食われて当然だ!!」事実は違うのです!!!
土からミネラルを充分に吸い上げた作物は、害虫を寄せ付けない酵素をたっぷりと生産するため、虫に食われることは、少ないのです。

正しい知識を身につけ、現代で不足している植物性ミネラルを補うことが、健康を維持するためには、必要不可欠です。
それでは、ミネラルって何でしょう!
アメリカ上院議会記録では、「人間の宝物」とされました。私たちの身体にある元素のうち、酸素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)以外の元素を「ミネラル」または「無機質」といいます。

ビタミンは、身体の中で、合成することが出来ますが、ミネラルは合成できません。
又、ミネラルがなければ、ビタミンは体内で働くことも吸収することも出来ません。(アールミンデル博士の言葉です。)

このことを知る人は、まだまだ少ないのです。

ミネラルには、カルシウムやリン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムのように体内に多量に存在するものと、ごく微量の存在で特別な生理作用の動きをする、トレース元素(微量元素)が、あります。

では、ミネラルは、どんな生理作用をするのでしょう!
血液、体液、皮膚のpH調整をします。細胞の内と外のコミュニケーションを行い、細胞の水分調節、浸透圧の調節をします。酵素は、ミネラルが無ければ作れません。ミネラル不足では、酵素の働きは弱まります。又、酵素を作ったり、役目を終えた酵素を分解したりする働きも、ミネラルの存在によります。更に、酸化還元反応や酵素の反応転移などもミネラルの生理作用です。

神経機能の働きも、ミネラル無しでは出来ません。
俊敏性、敏感・鈍感の差、気の力、明確さ、イライラ、落ち着き、皮膚の美しさ、毛髪の艶、内臓の働き、自律神経、交感神経の働きなど、特にトレースミネラル(微量ミネラル)の影響は私たちの健康レベルそのものに関係します。
ミネラル(植物性ミネラル)は、生体を作る成分であると同時に有害ミネラル(有害金属)の排出や、毒性を抑制したりする大切な働きをします。

このように身体の機能を調節し、働かせるのに私たちの身体には、70種類以上のミネラルが、必要とされています。ミネラルは、単体では、働きません。総合で、働きます。
私たちの健康維持の為には、安心安全な植物性ミネラルを補給することをお進めします。

その植物性ミネラルは!
フルボ酸(有機フルボ酸ミネラル)といわれ、地球が誕生した頃、土壌はミネラル、微生物などを豊富に含んだ肥沃なものでした。それらは、腐植物質(植物の葉や茎の部分が腐植してできた有機成分)が含まれた状態で、超高圧の作用を受けず、微生物が活発に働く地球の表面近くに堆積していました。

この地層は、古代植物堆積層と呼ばれています。古代植物堆積層には、「ヒューミックシェール」「ヒューメット」などの種類があります。

これらの地層は、特徴いたしまして、植物性ミネラルが豊富に含まれているということがあるのですが、もう一つの特徴に「フルボ酸」を豊富に含んでいるということがあります。

フルボ酸は、多岐に渡り、優れた機能性を有することから、「このフルボ酸を人工的に培養することができれば、製薬会社がいらなくなる時代がくる」とも言われているほどです。
有機フルボ酸ミネラルの特徴は、吸収と排泄です。

微量ミネラルを包み込み、栄養素を運ぶ役割を果たす優れものが「フルボ酸」です。
土壌内では植物に、体内では細胞のすみずみにミネラル分を運んでくれます。また、フルボ酸は自然界の電解質でもあるため、ミネラルだけではなし得ない高い吸収性を示します。
さらに、近年の研究では、体内に蓄積した有害ミネラルを無毒化し、磁石のように吸引して体外に排出する働きも報告されています。

又、ミネラルには、鉱物性(金属性)ミネラルと植物性ミネラルが、あります。私たちに安心安全なミネラル。それは、植物性ミネラルのことです。

吸収率と安全性が高いことが特徴ですが、実は、この「フルボ酸」があってのことなのです。

現代人は、有機フルボ酸ミネラルが、不足しています。

土壌が肥沃だったころは、「フルボ酸」は食事から摂取することができました。しかし、殺虫剤の散布、化学肥料の使用、浸食作用、ミネラル欠乏などにより、無菌化され、微生物活性の抑制された貧弱な土壌に変化してしまった今、そこで作られる農産物に含まれるフルボ酸はごく微量になってしまいました。

その為にも日常の生活にフルボ酸ミネラルを取り入れて、健康保険証の要らない生活をしたいものです。


どのような過程で、植物ミネラルを抽出しているのでしょう!

1億年前の白亜紀の環境は、今とは、全くことなり激しい地殻変動が盛んな、想像を絶する世界と言われています。当時の地球は、若く、大地は黒く84から100のミネラルをどこに行っても含んでいたといわれています。
その恩恵を受けた植物は、巨大化していました。このようにエネルギーあふれる巨大植物のジャングルが、広大な範囲に渡って存在していたことが確認されています。そのような巨大植物のジャングルに大量の砂などがなだれ込みジャングルを埋めつくしたのです。
植物たちは、地中に閉じ込められ、その間土壌中の植物は、バクテリアの作用によってヒートモスという泥炭に変化し、やがて圧力が、かかると水分だけがぬけさられた状態で、約1億年間保存されていたのです。この地層には、当時の植物が、吸収していた豊富なミネラルが、大量に眠っていたのです。その地層は、千葉県ひとつ分の総面積と同等の広大なものでした。
石炭、石油にならぶ古代から現代への遺産と呼べる贈り物でした。この石炭、化石にならないこの特殊な存在を学者は、ヒユーミックシェール、ヒューメッと名づけました。
この植物のミネラルを冷水のみを使用して植物ミネラルを70種類以上抽出することに成功しました。広大な地層の鉱山(ロックランド鉱山)があるユタ州のエミリーには、植物ミネラルを復元される工場があります。使用するのは、約1億年前の特定のヒューミックシェールと紫外線殺菌とフイルター処理をした水のみです。復元工程においては、化学薬品も使用されません。又熱さえも加えられません。世界で最も純粋な自然な商品といわれています。
その工程は、先ず、紫外線殺菌とフイルター処理した水をタンクに入れある特定のヒユーミックシェールをつけておきます。10時間以上つけるとヒューミックシェールから上澄みに植物ミネラルが、復元され下の部分には、泥がたまります。その泥と上澄みを特殊フイルターでわけます。このような工程で、70種類以上のミネラルを含む品質まで復元技術を向上させました。世界最高品質の植物ミネラルを得ることに成功しました。

ユタ州とニューメキシコ州のこのような地層から抽出された植物ミネラルは、安心、安全の最高級のミネラルとして、幅広い方々の指示を得て、使用されています。
| プライバシーポリシー |   Copyright (c) 2015 AMITHY Corporation All Rights Reserved